カード詳細検索


このコラムは当サイトに掲載されている大会イベントの上位者の中から気になるプレイヤーを選び、突撃インタビューをするコラムです。
第35回目は第10回 でゅえりおホビステCSトップ4で【帝】を使用したせーちゃんさんです!

  • 《冥帝エレボス》

第10回 でゅえりおホビステCS
2015年9月21日(月) / 大阪府 / 個人戦 / 79名
トップ4 せーちゃん 【帝】

# 対戦デッキ 戦績
予選スイスドロー
1回戦 【HERO】 ○○
2回戦 【EmEM】 ○○
3回戦 【帝】 ×
4回戦 【彼岸】 ×○○
5回戦 【インフェルノイド】 ○○
6回戦 【帝】 ○×○
決勝トーナメント
1回戦 【彼岸】 ○○
2回戦 【彼岸】 ××


──第10回 でゅえりおホビステCSトップ4おめでとうございます!今回、第10回 でゅえりおホビステCSで【帝】を使用することにした理由を教えて下さい!

せーちゃん:環境序盤だったため帝というデッキの構築、動きがそこまで認知されていなくて、結果を残すであろう【彼岸】、【EmEM】に対してもメイン構築は比較的有利に立ち回ることができ、サイド後も圧倒的に不利になる状況は少ないと考えたからです。
それとデッキを一緒に考えていたふーさんとSpicaさんに構築の使用感を伝えるためっていうのもありました。

──確かに出てすぐの大会だったのでわからん殺しの要素はかなり大きかったと思われますね。【帝】のメイン構築は帝王魔法・罠の枚数で結構別れる所ですが、帝王魔法・罠を今回の枚数にした理由はどのようなものだったのでしょうか?

  • 《帝王の深怨》
  • 《汎神の帝王》
  • 《真源の帝王》

せーちゃん:「帝王の深怨」「汎神の帝王」「真源の帝王」は個人的に3枚確定だと思っているのでその枚数でした。

  • 《帝王の烈旋》

せーちゃん:「帝王の烈旋」はミラーでのパワーの高さ、環境がまだ定まっていなかったためメイン「サイクロン」の投入が怪しまれると考えていたので「帝王の烈旋」「連撃の帝王」の動きがほぼ通ると考えていたから3枚にしていました。

  • 《連撃の帝王》

せーちゃん:「連撃の帝王」「帝王の深怨」から「汎神の帝王」にアクセスしてその後に3枚ないと手札に持ってこれない場面があってその場面を無くしたかったため3枚採用でした。

  • 《真帝王領域》

せーちゃん:「真帝王領域」3枚は初動の動きにも絡めることが出来る上にエクストラ0枚だとかなりのパワーカードだと考えていたからです。
「連撃の帝王」と同じく持ってこれなくて困る場面も調整段階で起こっていたので3枚採用でした。

  • 《帝王の開岩》

せーちゃん:「帝王の開岩」は回ってる場合の動きをもっと強くするためのカードなのでサーチのことも考えて1枚だったのですが2枚でも良かったと思っています。

  • 《進撃の帝王》

せーちゃん:「進撃の帝王」は【彼岸】やミラーの「ブレイクスルー・スキル」を考えての採用だったのですがサイドでも良かったと思っています。

──サイドデッキは様々なカードが採用されていますが、中でも「終焉の地」は特に類を見ないカードですね。
また、「爆炎帝テスタロス」はどのような相手に対してサイドインするのでしょうか?

  • 《爆炎帝テスタロス》
  • 《終焉の地》

せーちゃん:「終焉の地」は【EmEM】などが「真帝王領域」を破壊してからエクストラを使って2800の帝を超えてくると考えていたのでペンデュラムに合わせたり使い魔の特殊召喚、「竜剣士ラスターP」「Emヒグルミ」の特殊召喚に合わせて使用していました。
「爆炎帝テスタロス」は序盤で通ればかなりテンポのとれるカードだと考えていて先攻取れる場合はほぼ全てのデッキに対してサイドインしました。
【彼岸】相手だけあまり評価していなかったためサイド1枚だけの採用になりました。

──「終焉の地」であれば相手が最初から「Emミラー・コンダクター」を出して来ようとは考えにくいですよね。その点意表が突けそうです。
「爆炎帝テスタロス」は確かに【彼岸】以外は効きそうなので先攻で打てるなら越したことは無いですね。
その【彼岸】ですが最終戦は残念ながらストレートで落としてしまったようですが敗因は何だったのでしょうか?

せーちゃん:最終戦はマッチ通して「光帝クライス」以外の上級にアクセスすることができなかったのと、彼岸側のサイドの「魔封じの芳香」に対する回答を引き込めなかったのが敗因だったと思っています

──「光帝クライス」以外の上級にアクセスできなかった事が先ほどの「「帝王の開岩」を増やしたほうが良かった」という反省に繋がった訳ですね。

せーちゃん:そうですね。

──今回は発売して間もない【帝】を使用してでの入賞でした。
調整はどのようにして行ったのでしょうか?

せーちゃん:地元であまり遊戯王してる人が居ないのでSkypeやLINEでふーさんとSpicaさんの3人で構築を話し合ったり知り合いとADSを利用して対戦したりして調整してました。
対人が殆ど出来てなかったので当日はかなり不安でした。

──確かに対人ほぼ無しで大会は不安ですね…
しかしネット上の仲間との調整だけでトップ4まで上り詰めたのはすごいです。
対人できない分思うようにいかない所もあったかと思いますが、今回の【帝】の調整する際はどのようなことを意識してやったのでしょうか?

せーちゃん:【帝】はやれることが多いので本番で少しでもミスを少なくするために一人回しを徹底的にやりました。

──【帝】は構築だけでなく、魔法・罠の打ち方と順序・モンスターの置き方など考える事が多いですよね。一番注意したのはどのような所でしょうか?

せーちゃん:罠の踏み方や帝王カードのリソースの管理を考えて回していました。

──帝王魔法罠は「汎神の帝王」などの特性もあって枚数管理が重要ですよね。
それでは最後に今後の抱負など、一言コメントをよろしくお願いします!

せーちゃん:来年は選考会出場を目標にして頑張っていきたいです!


せーちゃんさん、インタビューをありがとうございました。選考会出場を目指して頑張ってください!


プレイヤー
icon

せーちゃん

また遊戯王始めました。教えてください。 #ゆねドラ 管理してます。 @se_chan0401

インタビュアー
icon

因幡うさぎ

「レスキューラビット」をこよなく愛するTCGプレイヤー。遊戯王OCGをメインに活動中。 @178tei



会員メニュー