カード詳細検索


このコラムは2015年に開催された「Yu-Gi-Oh! World Championship 2015 一般の部 日本代表決定戦」の日本代表者に突撃インタビューするコラムです。
今回は東日本代表のpixieさんです!

  • 《召魔装着》
  • 《Emトリック・クラウン》
  • 《H・C サウザンド・ブレード》

Yu-Gi-Oh! World Championship 2015 一般の部 日本代表決定戦 東京
2015年6月27日(土) / 東京都 / 個人戦 / 68名

日本代表 pixie 使用デッキ:【魔装クラウンブレード】

# 対戦デッキ 戦績
1回戦 シード
2回戦 【魔術師】 ○×○
3回戦 【魔術師】 ○○
4回戦 【HERO】 ○×○
5回戦 【影霊衣】 ○○
6回戦 【魔術師】 ○○


──日本代表決定おめでとうございます!
日本代表に決まった事への感想をお願いします!

pixie:とても嬉しいのですが正直まだ実感は無いです。
自分にしてみれば選考会(日本代表決定戦)に出場出来るというだけでも夢の様な話だったので。
階段何段すっ飛ばしちゃったのか自分でもわからないです(笑)

──日本中の強者ばかりが集った日本代表決定戦を勝ち抜いたのは紛れもない事実なので大きく胸を張って良いと思います!
そんな今回の日本代表決定戦で【魔装クラウンブレード】を使用した理由は何だったのでしょうか?

pixie:ありがとうございます!
選考会(日本代表決定戦)に何を持って行こうか考えた時、当初は【魔術師】を持って行こうと思っていたんです。
しかし構築は繕えてもサイドチェンジやプレイの精度を上げるには自分には時間が足りなすぎると思い諦めました。
その時使っていたデッキが【魔装クラウンブレード】で歴代使用デッキの中でもトップクラスにしっくり来て、手に馴染んだデッキでもあったので、対【魔術師】がかなり厳しいのは解っていましたが、これを【魔術師】相手にも戦えるようにして持って行こうと決めました。

──【魔術師】は本格的に強化されてから日が浅かったので日本代表決定戦に持って行くのはなかなか難しいところがありますよね。
今回は【魔術師】相手に戦えるようにしたということですが、どのような構築やプランでそれを達成したのでしょうか?

pixie:メインは先ず【魔術師】相手に弱いと思った「強制脱出装置」「虚無空間」等の罠を抜きました。
また、持久戦になってしまうと絶対勝てないと思ったので「増殖するG」も抜きました。
そこに今までは採用していなかった「ライオウ」「幽鬼うさぎ」「神の警告」等を投入した形です。

  • 《ライオウ》
  • 《幽鬼うさぎ》
  • 《神の警告》

pixie:基本的に2500以上の打点で殴りかかってくることは少ないはずだと考えていたのでその打点をバトル中にいきなり生み出せる「ジュラゲド」は2枚から3枚に増やしました。
特に「ジュラゲド」はこの使い方以外にも単純にワンキルをしたりワンキルを防いだり、ランク4に繋げたりエキストラターンでライフを守ったりと1日を通してやりたい放題だったのでかなり強かったです。
サイド後は「魔封じの芳香」がとにかく強かったです。
1度通せば「星守の騎士 プトレマイオス」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」になるので滅多な事では負けない様になります。

  • 《ジュラゲド》
  • 《魔封じの芳香》

──魔術師メタに構築はかなり寄せたようですね。
メインは「召魔装着」「テラ・フォーミング」がそれぞれ2枚で「おろかな埋葬」「増援」が0枚という構築ですが、これにはどんな理由があったのでしょうか?

pixie:先ずは「増援」「おろかな埋葬」についてです。

  • 《増援》
  • 《魔装戦士 ドラゴディウス》

pixie:自分はクラッシュ・オブ・リベリオン発売時から【クラウンブレード】を使い続けているのですが最初はジェムナイト型でどちらも採用していたんですね。
一ヶ月くらい経った時に魔装型にシフトしたんですが、その時【HERO】相手の勝率が低かった事もあり別に無くてもいいかなーって「増援」を抜いてみたんです。
その時は「魔装戦士 ドラゴディウス」でサーチ出来る範囲に「増援」でサーチしたい範囲が入っていたことと、欲しくなったらまた入れればいいやって感じでした。

  • 《おろかな埋葬》

pixie:「おろかな埋葬」【HERO】「M・HERO ダーク・ロウ」に対してあまりに無力なカードで【HERO】に勝てなすぎて抜いてしまいました。
結果として入れ直したいと思ったことはありません。

「おろかな埋葬」はやれる事が多く器用なカードなので【HERO】が居なくなってくれれば何も考えずに採用すると思いますが「増援」に関してはやっぱり無いなら無いでもいいなというのが自分の中の結論ですね。

  • 《召魔装着》
  • 《テラ・フォーミング》

pixie:「テラ・フォーミング」「召魔装着」の採用枚数については2枚以上引きたくなかったのでこの枚数です。
「召魔装着」は展開に幅が出来て強力なカードですが引けないとお話にならないような部類のカードではないと思っています。

このカードは「竜の渓谷」の様にダブった分はコストにしてしまえますが、このカードの真価は【クラウンブレード】の手札コストにしても損にならない、なりにくいカードをコストとして使うことにあると思っているので「召魔装着」のダブりはなるべく避けたかったのです。
【魔術師】が登場して「幽鬼うさぎ」の採用が増え、「召魔装着」の効果にチェーンして発動される事は確実に増えると思いましたが、だからといってこれらの採用枚数を増やそうとは思いませんでした。
「テラ・フォーミング」「召魔装着」を3枚ずつ採用すれば2枚目の「召魔装着」にアクセスしやすくなり、「幽鬼うさぎ」を打たれてもそのまま2枚目を発動すれば「魔装戦士 ドラゴディウス」を特殊召喚出来ます。
ですがこれを「幽鬼うさぎ」ケアを目的にやるなら微妙だと思いました。

「幽鬼うさぎ」後に2枚目を張るなら先ず一回目の「召魔装着」のコストには2枚目以外のカードを捨てることになります。
「幽鬼うさぎ」が飛んでくればいいですが最大でも3枚しかない「幽鬼うさぎ」が飛んでこなかった場合、2枚目の「召魔装着」がハンドで浮くという事態が起きてしまうのでそれは避けたかったですね。

「召魔装着」のコストには上記の様に損にならない、なりにくいカードを使う事が殆どの為、仮に「幽鬼うさぎ」「召魔装着」が破壊されても殆どの場合で普通に1:1交換しただけですし、今後召喚するであろう「星守の騎士 プトレマイオス」に打たれるくらいなら数倍マシだと割りきりました。

──メインの構築は先入観に囚われず、試行錯誤の結果生み出された努力の結晶だということが伺えます。
【魔術師】だけではなく、【HERO】も考えるとこうなるのですね。
非デザイナーズデッキなのに、「増援」「おろかな埋葬」のような安定剤が無くとも回るのが【クラウンブレード】の凄いところですね!
【クラウンブレード】は最近だと「旧神ノーデン」「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」を入れずにランク4の幅を増やす構築プランが台頭しつつあったと思うのですが今回のエクストラデッキはどのような戦略で選択したのでしょうか?

  • 《簡易融合》
  • 《旧神ノーデン》

pixie:「簡易融合」(「旧神ノーデン」)はこのデッキの中でトップクラスのパワーカードだと思っています。
トップ1枚で盤面返せるようなカードが本当にない中で「簡易融合」はそれが出来る貴重なカードです。
いつ引いても強く、これ一枚で出来る事が非常に多いので貴重なエクストラの枠を割くだけの価値があると判断しました。

  • 《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》

pixie:「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」に関しては最後の最後まで悩みました。
「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」自体の制圧力は非常に高いものですが、「始祖の守護者ティラス」「恐牙狼 ダイヤウルフ」等、まだまだ採用したいエクシーズモンスターはいくらでもあり、これが大量の枠を消費する事に釣り合っているかと聞かれると正直かなり怪しいラインだと思います。
最近は不採用のレシピが殆どで自分自身も採用不採用を繰り返しながらも中々結論が出せないでいました。

今回採用を決めたのは不採用が主流になりつつある事、自分自身が無名のモブプレイヤーであったことを考慮して、隙がつければという思いで採用しました。
現に「ブラック・ホール」がほぼケア不可能になってしまっていますが、「ハーピィの羽根帚」に対する耐性はそれなりだと思っていたのと必要なリスクだと割りきりました。

「ハーピィの羽根帚」に対する耐性は、罠が基本的には死なない為のものだとと考えていたのと、「ジュラゲド」「Emダメージ・ジャグラー」を採用しているためワンキルをくらいにくいといった点が大きいでしょうか。
「召魔装着」はすでにひとまずの仕事は終えているはずですし、「ブレイクスルー・スキル」は墓地でもまだ役割が残っているので。
罠の枚数もそこまで多くは無いので被害は最小限です。
ターンさえ帰ってくれば「励輝士 ヴェルズビュート」を通す等して五分に戻すことも決して不可能ではないので他のデッキに比べたら「ハーピィの羽根帚」に対する耐性はまだあるほうなのかなという感じですね。

「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は基本的にカードを2枚消費する回答を相手に要求できる点、その点も相まって「魔法族の里」「魔封じの芳香」等の制圧力を数倍に引き上げてくれる点を評価しました。

実際当日【魔術師】戦で1本落としてしまいましたが、案の定「星守の騎士 プトレマイオス」「ラヴァルバル・チェイン」「ブラック・ホール」を打たれた試合です。
逆に【魔術師】「ハーピィの羽根帚」を打たれた試合は2本とも取れているのでそこは思った通りになった感じですね。
「始祖の守護者ティラス」が欲しくなったのはその負け1度のみで「恐牙狼 ダイヤウルフ」に至っては1度も欲しくなりませんでした。
「サイバー・ドラゴン・ノヴァ」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」は2度使用してどちらも勝利に貢献した上、【HERO】戦に至っては採用していなければマッチに敗北しているところでした。

「星守の騎士 プトレマイオス」の素材にしたということも含めればエクストラデッキ15枚全てを使用したので間違いではない選択であったと思います。

──エクストラデッキを全種類使った上で全勝というのは素晴らしいですね。
サイドデッキは「魔法族の里」「ダイヤモンド・ダスト」【影霊衣】「揺れる眼差し」「エキセントリック・デーモン」【魔術師】のメタを重点的に固めているのが分かります。
ここで「揺れる眼差し」を2枚にした理由は何だったのでしょうか。
「激流葬」「エフェクト・ヴェーラー」の入れ替える想定のデッキも気になります。

  • 《揺れる眼差し》

pixie:「揺れる眼差し」2枚の理由ですがサイドデッキの枠の問題です。
「エキセントリック・デーモン」に加え、「魔装戦士 ドラゴディウス」もサーチ可能なので非常に強力ではありますが「ペンデュラム・コール」でケアされてしまいがちなので引き過ぎたくはなかったというのもあります。

「エフェクト・ヴェーラー」は対【影霊衣】【星因士】「激流葬」【HERO】【海皇】に投入します。
「トリシューラの影霊衣」は本当に一撃でゲームが終わってしまうので本当に恐ろしいです。

【魔術師】に対してのメタは「魔封じの芳香」が自分が(魔術師を試してみている時に)一番使われてきつかったと思ったので最優先しています。
「励輝士 ヴェルズビュート」「鳥銃士カステル」を用いれば後引きや、先攻を取られてしまっても腐りにくいです。
特に「鳥銃士カステル」「ペンデュラム・コール」適用下でもペンデュラムゾーンの除去が可能なので重宝しました。
これは「恐牙狼 ダイヤウルフ」には出来ない芸当です。

  • 《鳥銃士カステル》

──「ペンデュラム・コール」は今までのペンデュラムの弱点を補っており、「揺れる眼差し」もそれに含まれているので無用な枚数被りは避けたいということですね。
しかし「ペンデュラム・コール」の守り超えてペンデュラムゾーンからペンデュラムモンスターを退かし、「魔封じの芳香」を後出し有効にできる「鳥銃士カステル」は確かに有能ですね。

巷では【魔術師】対策として「重機王ドボク・ザーク」が話題になりつつありますが、これについてはどう思われますか?

  • 《重機王ドボク・ザーク》

pixie:「重機王ドボク・ザーク」自体は「星守の騎士 プトレマイオス」が出たときに一応買っていたので、少しだけ使ってみたんですが、破壊効果について正直な感想としては「これ、「励輝士 ヴェルズビュート」じゃだめなのかなぁ?」でした。

しかし、その打点は非常に魅力的であり、「ヴァルキュルスの影霊衣」に超えられないのも大きいと思いますが、こちらから「ヴァルキュルスの影霊衣」の打点を超える事自体はそこまで困難なことではなく、受けるだけなら、「召魔装着」「星守の騎士 プトレマイオス」でも受けれますし、結局「ディサイシブの影霊衣」には100届かないのも何とも言えない気分になりました。
打点の脅威を突きつけたいなら「魔装戦士 ドラゴディウス」「H・C 強襲のハルベルト」でも良いと思いました。

なので【魔装クラウンブレード】に限っては「重機王ドボク・ザーク」を採用しようとは現段階では思っていません。
他のデッキにとってどうなのかは正直わからないです。

──「重機王ドボク・ザーク」は【魔装クラウンブレード】では微妙な立ち位置ということですね。とても参考になりました。
それでは最後に世界大会へ向けての意気込みを教えて下さい!

pixie:4連続で店舗予選の決勝で負け続け初めて店舗代表になれたと思ったら、あれよあれよととんでもないところまで来てしまいました。
こうなったら腹を括ってテッペン目指そうと思います!
全力を尽くしますので応援して頂けると嬉しいです!


pixieさん、インタビューをありがとうございました。
世界一を目指して頑張ってください!


プレイヤー
icon

pixie

遊戯王:シャドバ:ブレイブルー:その他(3:3:0:4)遊戯はライロと甲虫装機が好きです。WCS2015日本代表、世界ベスト8。シャドバID:474854235どなたでもどうぞ。ブレイブルー:Λ-11,レリウス,マイ。 @karasupixie

インタビュアー
icon

因幡うさぎ

「レスキューラビット」をこよなく愛するTCGプレイヤー。遊戯王OCGをメインに活動中。 @178tei



会員メニュー