カード詳細検索


このコラムは当サイトに掲載されている大会イベントの上位者の中から気になるプレイヤーを選び、突撃インタビューをするコラムです。
第24回目は第4回渋谷チャンピオンシップの優勝のチーム「めあ連」のわいとめあさんです!

  • 《妖仙獣の秘技》

第4回渋谷チャンピオンシップ
2015年5月23日(土) / 東京都 / チーム戦(3人1組) / 312名 (104チーム)
優勝 めあ連
C わいとめあ 【妖仙獣】


──今回の第4回渋谷チャンピオンシップ【妖仙獣】を使用した理由について教えて下さい!

わいとめあ:環境的に採用の多い手札誘発や罠に強く、自分の手に一番馴染んだデッキだったからです。

──特に「増殖するG」には滅法強いですものね。
わいとめあさんのプレイヤーページを見るとどれだけ【妖仙獣】を使いこなしているかよくわかりますね。
今回の構築を見ると「炎舞-「天キ」」「強欲で謙虚な壺」が2枚ずつとなっていますがこれにはどういった意図があったのでしょうか?

  • 《炎舞-「天キ」》
  • 《強欲で謙虚な壺》

わいとめあ:【HERO】【影霊衣】に対して弱いカード(【HERO】「M・HERO ダーク・ロウ」【影霊衣】「トリシューラの影霊衣」)で、被った際に1ターン無意味なカードを抱えつつ戦えるような環境では無かったからです。
元々戦闘を介することでしか能動的にアドを産み出せない【妖仙獣】というデッキで1ターン動けないのは致命的だと考え、枚数を減らし、その分罠に変更しました。

──「炎舞-「天キ」」「強欲で謙虚な壺」もターンに1度ですからね。
悠長な事ができない環境なのが伺えます。
また、サイドデッキに「一回休み」を入れている理由も気になります。
【妖仙獣】ではメインでも十分に活躍できるカードだと思うのですが、どんな時にサイドから入れるのでしょうか?

  • 《一回休み》

わいとめあ:メインではなくサイドに投入したのは比較的シェアの多い【クリフォート】に無力なカードであり、【影霊衣】に対してはメインの「皆既日蝕の書」【HERO】には「禁じられた聖槍」などで避けられてしまうこともあり、信用性が低いカードだと思ったからです。
それでもサイドに投入したのは【妖仙獣】の一番相性の悪い【星因士】の動きに大きく干渉できるカードだったからです。

──【妖仙獣】【星因士】のどんな所が苦手なのでしょうか?

わいとめあ:【妖仙獣】は戦闘を介してアドバンテージを産み出していく反面、【星因士】は召喚や特殊召喚するだけで後続を確保することができるので、【妖仙獣】側は一度罠を踏むだけで相当厳しい展開になる為です。

──【星因士】が上手に使ってくる「激流葬」の罠踏むと一気に後続が失われてしまい、一気に押されてしまいますからね…その他に一番苦手とされる【星因士】対策としてどんなプレイやカードを考えているのでしょうか?

わいとめあ:一戦目はアドで勝つことができないのでアド<ライフ優先でできるだけ早くライフを削ることに努めます。二戦目以降は[clink s=《一回休み》]で後続のカット、[clink s=サイクロン]系列を全て投入してスローゲームに持ち込み、[clink s=【妖仙獣】]の持ち味である戦闘によるアドを稼ぎやすい状況を作っていくことを意識していました。

  • 《一回休み》
  • 《サイクロン》
  • 《ギャラクシー・サイクロン》

──なるほど後続をいかにカットするかがキーなのですね。
今大会で【妖仙獣】を使っていて一番強かったカードやコンボを教えて下さい。また反省点があったらそれも合わせて教えてください。

わいとめあ:一番強かったカードは「妖仙獣の秘技」です。サーチできる万能カウンターはどのデッキに対しても強力でした。
反省点は「ワイトメア」をサイドデッキに投入しなかったことでしょうか。
一度も活躍しなかった「No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク」よりこちらを優先した方が精神的アドバンテージで優位に立つことができたかもしれません。

  • 《妖仙獣の秘技》
  • 《ワイトメア》

──過去のあざみ野杯では「ワイトメア」を入れた構築でも入賞していましたから、「ワイトメア」の精神的アドバンテージは強いのかもしれませんね(笑)
活躍しなかったと仰いましたが「No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク」は元々何を想定して入れていたのでしょうか?

  • 《No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク》

わいとめあ:【インフェルノイド】を想定して投入したカードでしたが妖仙獣2体でエクシーズするよりもダメージを取り、2キルを目指す状況の方が多かった事や今回は一度しか【インフェルノイド】に当たらなかった為、活躍の機会がありませんでした。

──「No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク」で妨害するよりもさっさと倒してしまったほうが良かったわけですね。
最近は様々なデッキのサイドに「No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク」を見かけますが【妖仙獣】には必要無さそうですね。
戦闘に強い【妖仙獣】ですが、第4回渋谷チャンピオンシップの後にデュエリストパック 決闘都市編が発売され、「ジュラゲド」が登場しましたが、これは今後、【妖仙獣】に対し何らかの影響を及ぼすとお考えでしょうか?

  • ジュラゲド

わいとめあ:【妖仙獣】で使用する予定はないですが逆に使われる側としては、ダメージが取りにくくなり「妖仙獣 鎌参太刀」のサーチに辿り着けなくなる可能性が上がるので【妖仙獣】的には逆風と言った印象です。

──やはり【妖仙獣】の敵ではありますね…次の環境で「ジュラゲド」が増えるか減るか見極める必要がありそうですね。
それでは最後に今後の抱負など一言よろしくお願いします!

わいとめあ:今後も自分の好きなデッキで勝てるように頑張りたいと思います!


わいとめあさん、インタビューをありがとうございました。
「ワイトメア」を入れての入賞期待しています!


プレイヤー
icon

わいとめあ

かーどげーむがすきです。 アイコンはポート画伯作 @minato_port ここでコラム書いてます→ http://tcgnoheya.net  @mokokorian

インタビュアー
icon

因幡うさぎ

「レスキューラビット」をこよなく愛するTCGプレイヤー。遊戯王OCGをメインに活動中。 @178tei



会員メニュー