カード詳細検索


このコラムは当サイトに掲載されている大会イベントの上位者の中から気になるプレイヤーを選び、突撃インタビューをするコラムです。
第10回目はあざみ野杯5on5 in関内優勝チーム「インキュバス軍団」のキョンシーさんです!

  • 《聖霊獣騎 カンナホーク》

あざみ野杯5on5 in関内
2015年4月5日(日) / 神奈川県 / チーム戦(5人1組) / 48チーム
優勝 インキュバス軍団
E キョンシー 【霊獣】


──あざみ野杯5on5 in関内【霊獣】を使用した理由について教えて下さい!

キョンシー:単に手持ちのデッキで一番使い慣れてるのがこれだったと言うのもありますが、環境が【HERO】【影霊衣】ならまだ【霊獣】は戦えるかなと思いました。
また、【クリフォート】の弱体化で【霊獣】の苦手なデッキが減ったかなと予想して【霊獣】で挑みました。

──なるほどですね。
私も【霊獣】を使っている端くれなので【HERO】【影霊衣】にある程度有利を取れる事は分かります。
しかし昨今は「マンジュ・ゴッド」「センジュ・ゴッド」の緩和による「儀式魔人リリーサー」へのアクセス率向上に加え、「H・C 強襲のハルベルト」「ライオウ」「激流葬」「王宮の鉄壁」等、苦手な要因が増えたと思いますが、そういった所はどうお考えでしたか?

キョンシー:そうですね。
どれも【霊獣】にとって対策の必要なカードですが、「ライオウ」【霊獣】でも対処が容易なのと、「王宮の鉄壁」は採用率がそこまで高いと思わなかったので視野には入れませんでした。

3月までは【影霊衣】に優位なデッキという認識があったため、今回の構築は【HERO】と対「星守の騎士 プトレマイオス」に寄せていたのですが【影霊衣】が思っていた以上に強く、多少優位だとしても【影霊衣】対策のカードを減らすのは間違いだったようで、【影霊衣】にはかなり苦戦を強いられました。「儀式魔人リリーサー」を使用した「クラウソラスの影霊衣」なら厳しくなるものの「霊獣の連契」など対策はまだ可能ですが、「儀式魔人リリーサー」「トリシューラの影霊衣」「グングニールの影霊衣」で後続を潰されると確実に負けてしまいます。

「激流葬」は最も辛い罠ですが、一度相手のエンドフェイズの「霊獣の騎襲」から「聖霊獣騎 ペトルフィン」を出して、もう1セット霊獣使いと精霊獣を並べて「聖霊獣騎 カンナホーク」サーチを開始する流れさえ出来ればケアは可能です。勿論2体しか並べられない時の「激流葬」はどうしようもないので脅威には変わりないです・・・

──実際使ってみると結構つらい環境ですよね。
今回はフィールド魔法型でしたが、使い心地はどうでしたか?
「霊獣の相絆」が0だったり、「緊急テレポート」が2だったりするのもフィールド魔法型ならではの構築なのでしょうか?

  • 《セフィラの神託》

キョンシー:フィールド魔法型の【霊獣】の一番の特色は「セフィラの神託」による独特な展開だと思います。
手札からモンスターを特殊召喚する効果が展開力の低い【霊獣】には助けになります。また「星守の騎士 プトレマイオス」からの「セイクリッド・プレアデス」が脅威になる時は「脳開発研究所」が役立ちます。

また「緊急テレポート」も採用して場に出せるモンスターが使いだけの時でもある程度の動きが出来るようにしました。
今回はフィールド魔法と同時採用なので枠を考え2枚にしました。

「霊獣の相絆」は精霊獣や霊獣使いの偏り、「激流葬」等の相手の罠、「セイクリッド・プレアデス」回避が出来るのはかなり良いと思っていたのですが、実際に引いてみると腐ってしまった場面が多かった印象があり、今回は採用しませんでした。

──「セフィラの神託」の手札から特殊召喚する効果を使用する前提で回すのですね。
結構難しいプレイを要求されそうです。
今回実際に【霊獣】を使ってみて一番強かったコンボやカードを教えて下さい!

キョンシー:この日使用したカードで最も活躍したのは「霊獣の騎襲」「脳開発研究所」です。「霊獣の騎襲」の復帰力にはかなり助けられ、相手の除去などをほぼ無意味化できる「脳開発研究所」は中々頼もしかったです。

  • 《霊獣の騎襲》
  • 《脳開発研究所》

──「霊獣の騎襲」【霊獣】の最強カードと言っても過言ではなく、安定してアドバンテージを稼いでくれますよね。「脳開発研究所」「霊獣の相絆」とはまた違った押し方ができて融合体を複数置けるのは心強いですよね。
打点的な意味ももちろん、結果的に「聖霊獣騎 カンナホーク」によるサーチ枚数増やしたり、「聖霊獣騎 ガイアペライオ」を簡単に視野に置けるのも強みだと思います。
逆にこのカードが辛かった、このカードがあれば良かった…等反省点は何かありましたか?

キョンシー:「デモンズ・チェーン」を採用しなかったのは失敗したと思ってます。【影霊衣】にダメージ取られる、「トリシューラの影霊衣」の効果が通るで散々でした。
また霊獣使いだけのある程度の動きが出来たとしても、罠の少なさが今度は響いてしまったので、「デモンズ・チェーン」に限らず罠の枚数は増やすべきだったかなと思ってます。

  • 《デモンズ・チェーン》

──後ろが少ないと事故した時の動きや相手の「H・C 強襲のハルベルト」始動の展開や「簡易融合」による多段展開等にかなり弱くなってしまうので、おっしゃるとおり魔法・罠を増やし、さらに精霊獣も1枚程度増やして下級でもある程度戦っていける構築が現状は強いのと思うのですがどうでしょうか?

キョンシー:流石因幡うさぎさんです。僕もあざみ野杯5on5 in関内終了後そう考えました。
現在は「脳開発研究所」とも相性の良い「マスマティシャン」を採用してますが、「霊獣使いの長老」を持ってる時と戦闘破壊されにくい環境を考えた時「精霊獣 ペトルフィン」2枚目でも良いかなと思考中です。
どちらも良いところを持ってるので悩んでます。

  • 《マスマティシャン》
  • 《精霊獣 ペトルフィン》

キョンシー:また前日にサイドに「次元の裂け目」を採用したんですが、これは絶対にダメでした。
中途半端にクリフォートを見た「ツイスター」「エフェクト・ヴェーラー」にしてサイドチェンジ後、【影霊衣】に勝てるようにしておくべきでした。

  • 《エフェクト・ヴェーラー》

──【クリフォート】の永続罠も「虚無空間」「機殻の再星」以外はそこまで致命的ではないのが現状ですよね。
「聖霊獣騎 カンナホーク」「スキルドレイン」「一回休み」を回避できるサーチで霊獣の罠カードを溜めてビートしていけばまだ辛うじて倒せる方だと思いますし、「幽鬼うさぎ」「サイクロン」「ハーピィの羽根帚」とあともう数枚程度で押しきれる印象ではあります。

キョンシー:【クリフォート】ですが、一度展開出来たら無理なく勝てるデッキなのは確かなんですが、除外を肥やす前に「スキルドレイン」を使われた時お手上げになってしまうので、僕は苦手なデッキにカテゴリしています。こういう時「霊獣の相絆」が欲しいんですよね。

  • 《霊獣の相絆》

──「霊獣の相絆」「聖霊獣騎 ガイアペライオ」出すと、通常の【クリフォート】の動きでは3200打点を超えるのは難しいので、【クリフォート】にそれなりに優位をとれるのでお勧めです(笑)
それでは最後に今後の抱負について教えて下さい!

キョンシー:2月に遊戯王復帰してからほぼ【霊獣】しか触ってないので、今後は他のデッキも考えつつ新弾後の【霊獣】も考えていきたいと思います。
若干(?)厳しそうですが、まだ戦える環境だと良いなと願ってます。


キョンシーさん、インタビューをありがとうございました。
これからも【霊獣】で頑張ってください!


プレイヤー
icon

キョンシー

http://Dig.cards ログイン勢 圧倒的茅野愛衣 非政府組織 @kyoncy813

インタビュアー
icon

因幡うさぎ

「レスキューラビット」をこよなく愛するTCGプレイヤー。遊戯王OCGをメインに活動中。 @178tei



会員メニュー