カード詳細検索


このコラムは当サイトに掲載されている大会イベントの上位者の中から気になるプレイヤーを選び、突撃インタビューをするコラムです。
第7回目は第9回広島杯準優勝のナオさんです!

  • 光竜星-リフン

第9回広島杯
2015年3月28日(土) / 広島県 / 個人戦 / 100名
準優勝 ナオ 【竜星】


──今回の第9回広島杯【竜星】を使用した理由を教えて下さい!

ナオ:【竜星】を使用した理由としては相手のターン中に相手の場に干渉しやすいっていうのが理由でした。
「ハーピィの羽根帚」のような魔法・罠の除去を食らった後に、相手ターンに「虹光の宣告者」「獣神ヴァルカン」「氷結界の龍 トリシューラ」等をシンクロ召喚して、相手の展開を妨害を出来るのが強みだと思って使いました。

  • 虹光の宣告者
  • 獣神ヴァルカン
  • 氷結界の龍 トリシューラ

──フィールドのモンスターも後ろの魔法罠も手札のモンスターも相手のターンに妨害として動けるのは確かに強いですね。
罠カードを使う多くのデッキは「ハーピィの羽根帚」に頭を悩ましていますが、【竜星】はその点良さそうです。
しかし、除外に弱い【竜星】「M・HERO ダーク・ロウ」「トリシューラの影霊衣」が流行している今はかなり手厳しいと思うのですが、彼らをどのようにして突破してきたのでしょうか?

ナオ:「トリシューラの影霊衣」に関しては食らってもモンスターを残すことができればゲームエンドまで持っていかれないので「儀式魔人リリーサー」を使用された儀式モンスターの方がきついかなって思っています。
「M・HERO ダーク・ロウ」は出てくる前に手札誘発で止めて、止めれなくても罠が引けてれば処理できるという考え方で【HERO】は大丈夫かなと思っていました。

ナオ:【HERO】に関しては「M・HERO ダーク・ロウ」「ブレイクスルー・スキル」を当ててからリクルートを駆使して突破できたので考え方として間違ってなかったのかなって思いました。
【影霊衣】に関しては考え方は間違ってなかったと思うんですけど、プレイにいくつかミスがあったのでそこの反省が必要だと思いました。

  • ブレイクスルー・スキル

──なるほど色々と対策を練られているのですね。決勝で負けた【影霊衣】は今後どのような対策をお考えでしょうか?

ナオ:今後の【影霊衣】への対策は構築よりもプレイを心がけようかなって思っています。
【影霊衣】に対してスタートで罠置くことばかり意識して「トリシューラの影霊衣」「禁じられた聖槍」「皆既日蝕の書」で通されることが多かったので、序盤に罠に頼ったプレイをせずに後続で「儀式魔人リリーサー」を使用した儀式モンスターの処理ができるように心がければ良いかなと思います。

──確かに最近は「禁じられた聖槍」が流行っているので魔法・罠カードで妨害するのが難しくなりつつありますね。
今回の大会で【竜星】使っていて一番強かったカードや場面は何でしたか?

ナオ:今回一番強かったと感じたのは「幽鬼うさぎ」ですね
チューナーとして使用することも多かったですし手札誘発として「星守の騎士 プトレマイオス」「ヴェルズ・オピオン」「E・HERO シャドー・ミスト」を処理できるのは【竜星】使ってる側からするとかなりの強みを感じました。

  • 《幽鬼うさぎ》

──「幽鬼うさぎ」ですか!!「E・HERO シャドー・ミスト」の効果発動に合わせればひとまず「M・HERO ダーク・ロウ」出る可能性は減りますし【竜星】からしてみれば強いですね。
「緊急テレポート」まで入れているあたり、相当「幽鬼うさぎ」を活用しているみたいですね。

ナオ:「緊急テレポート」はシンクロに能動的にアクセスするために採用しました。
フィールドにモンスターが残ってない状態だと蘇生カードが握れてないとシンクロにアクセスするのに2ターンかかるのは致命的だと感じたのでそこでチューナーを呼び出す方法が必要だと感じました。
候補が「ジャンク・シンクロン」などもあったのですが、【HERO】相手の時に墓地にモンスターを残せるのか怪しかったので「緊急テレポート」の方を採用しました

  • 緊急テレポート

──「幽鬼うさぎ」は本当にいろんな活用ができて良いカードですね。
最後に今後の抱負について教えて下さい!

ナオ:現状に満足せずしっかりプレイと構築を煮詰めて行けたらなと思います。


ナオさん、濃厚なインタビューをありがとうございました。
今後の活躍を期待しています!


プレイヤー
icon

ナオ

シャドウバース 512593438 @bts08no15kaishi

インタビュアー
icon

因幡うさぎ

「レスキューラビット」をこよなく愛するTCGプレイヤー。遊戯王OCGをメインに活動中。 @178tei



会員メニュー