カード詳細検索


はじめに

2015年4月1日適用の新リミットレギュレーションの大会が、既に何件か開催されていますが、みなさん新しい環境は如何でしょうか?

実際に大会に参加された方、結果をご覧になられた方含め、様々な印象や感想をお持ちになったかと思いますが、
yubit! 運営チームでは約1ヶ月後の遊戯王OCG環境を以下のように予測しました!

2015年4月26日前後のデッキシェア予測


上位3デッキ

海皇子 ネプトアビス

超展開の【海皇】

規制を完全に回避したデッキで、強力な「海皇子 ネプトアビス」が登場し、前期終盤に一気に強化されました。
「深海のディーヴァ」+海皇モンスター1枚での1ターンキルを始めとした展開は超強力!
既にでゅえりおホビステCSでは見事優勝しており、環境TOP最有力候補です。

M・HERO ダーク・ロウ

圧倒的な制圧力の【HERO】

こちらも規制を完全に回避したデッキで、「星守の騎士 プトレマイオス」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」の登場で場の制圧力がさらに向上しました。
先攻から「M・HERO ダーク・ロウ」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」の場を作る事が出来たり、「簡易融合」を絡めた1ターンキルが可能だったりと、状況に応じて様々な動きが可能です。
既にでゅえりおホビステCSではトップ4を記録しており、環境TOP有力候補です。

ブリューナクの影霊衣

安定性の【影霊衣】

「ブリューナクの影霊衣」「影霊衣の反魂術」が無制限から制限に規制され、一気に弱体化された【影霊衣】。
…かと思いきや、「マンジュ・ゴッド」「センジュ・ゴッド」が制限からそれぞれ準制限・無制限となり、「影霊衣の万華鏡」+「ユニコールの影霊衣」を絡めた、無規制時代の強力な動きが再び行い易くなりました。
ただ、「影霊衣の術士 シュリット」を唯一サーチ出来た「ブリューナクの影霊衣」が制限となり、後続の確保が課題となっています。
それでもでゅえりおホビステCSでは準優勝と、他のデッキに負けない活躍を見せました。環境TOP有力候補です。

次点6デッキ

神星なる因子

バランスの良い【星因士】

前期は「ライオウ」が入ったメタよりの構築が主流でしたが、でゅえりおホビステCSでは「ライオウ」0枚の構築が入賞しました。
「星守の騎士 プトレマイオス」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」の登場により、「星因士」モンスターそのもののパワーが向上し、「ライオウ」を入れずとも戦えるように。
「神星なる因子」により、相手の強力なカードを無力化出来たりと、モンスターと魔法、罠がフル活用出来るバランスの良いデッキとなっています。

インフェルノイド・アドラメレク

強力な打点の【インフェルノイド】

「モンスターゲート」が準制限から無制限へ復帰し、強化された【インフェルノイド】。
これまで「インフェルノイド・アドラメレク」が強力とされていながらも、中々活躍できる機会が見いだせませんでしたが、他のデッキの全体的な弱体化により、勝てるチャンスが増えました。
特に墓地を肥やすライバルだった【シャドール】の弱体化でパワーカードである「手札抹殺」も使いやすくなり、追い風となっています。
また4月26日には「クラッシュ・オブ・リベリオン」が発売され、「インフェルノイド・デカトロン」が登場。
環境TOPに食い込む可能性が高いと見ています。

クリフォート・ツール

メタ性能が高い【クリフォート】

「クリフォート・ツール」「機殻の生贄」といった動きの軸となるカードが準制限・制限。また強力なサポートカードである「虚無空間」が制限と弱体化が激しい【クリフォート】。
ただし、前期終盤に登場した「一回休み」「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」といった「クリフォート・ツール」を加える事が出来るサポートの併用でつぶしがききます。
1キルが行なえる確率は低くなっていますが、罠を中心としたメタより構築での勝率は高いと見ています。

遊戯王アーク・ファイブ / エルシャドール・ネフィリム(ウルトラ) / ザ・デュエリスト・アドベント/シングルカード

底力を見せたい【シャドール】

「エルシャドール・ネフィリム」が禁止、「マスマティシャン」「クリバンデット」「神の写し身との接触」がそれぞれ制限となり、
大幅に弱体化された【シャドール】。
特に「エルシャドール・ネフィリム」の禁止により、「超電磁タートル」を墓地に送りながら「影依融合」を発動すると言った強い動きが出来なくなり、またモンスターの処理が難しくなった事の影響は計り知れません。
それでも「M・HERO ダーク・ロウ」+「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」といった強い場を、たった1回の発動で返せる「超融合」を自然に使えたり、
相手の動きを封じる強力な「エルシャドール・ミドラーシュ」「エルシャドール・シェキナーガ」を出せたりと、強い動きは十分行えます。

星守の騎士 プトレマイオス

チャンスを掴め【インフェルニティ】

先攻で回していく事が前提のデッキでしたが、「星守の騎士 プトレマイオス」「サイバー・ドラゴン・インフィニティ」の登場で制圧と返し能力が向上。
「増殖するG」が減っている事や、サポートカードのバリエーションも増えており、上位も目前です。

霊獣の連契

罠カードが強力な【霊獣】

前期は【クリフォート】が唯一の弱点で、それ以外には強力だったとされていた【霊獣】ですが、
【星因士】など苦手とするデッキが増えたところで、今期も中々環境TOPに食い込めないと見ています。
それでも「霊獣の騎襲」「霊獣の連契」といった強力な罠カードは依然強力で、シェルティーゲームでは3位入賞。
勝てるチャンスは十分あると言えます。

今後の動向

4月26日発売の「クラッシュ・オブ・リベリオン」で登場する【レッドアイズ】【イグナイト】は、どちらも展開とサーチ能力に優れ、環境に食い込む可能性が高いと見ています。
また、既に群雄割拠状態になっており、ここに上がっていないデッキにも上位に食い込めるチャンスは十分ありそうです。
今後の動向も見逃せません!


icon

yubit! 運営チーム

遊戯王OCGをもっと楽しく面白く! @yubit_jp



会員メニュー